忍者ブログ

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

グループで話し合い
前回のブログの続き。
ちょっと長いけど、読んでもらえると嬉しいです。


シングルマザーグループのメンバー内で衝突があったっていう話。


そもそも、このグループ、私が手工芸品作りを教えて、販売してみようってところから始まった。
グループメンバーも、資本も、技術も、継続的な収入向上に繋がるっていう保証も、何もないところから始めた手探りの活動。
ゆえに、初めはメンバーも流動的。
とりあえず商品を作ってみる。
それをとりあえず営業してみる。
売れて利益が出たら、それを資本にまた別の商品開発や、トレーニングの機会を与える。収入がない時期、根気強く学びに来ていたのは、たった3人で。
それでも手工芸クラブって感じで、楽しく活動してた。
この3人が頑張ってくれて、少しずつ利益を出していき、徐々にメンバーも増えた。


で、今回のプチ衝突。

今まで、とりあえず進む方向性が見えるまで!と、手探りでやってきたため、メンバー内で目的設定とか、決め事の合意とか、ちゃんとできてなかった。
なんとなーく、で進めてきた部分が多かった。
グループで活動するのに当たって、目的設定とか決め事とか、すごい大事なことなのに、後回しにしてたことをめっちゃめちゃ反省。
「なんとなく大丈夫」とか、「当たり前やろう」とか、全然大丈夫ちゃうし、当たり前ちゃうって。


昨日、NGOのフィールドワーカーにファシリテーター(進行役)をお願いし、シングルマザー達と話し合いの場を設けた。
彼女は、若年シングルマザー達とのやり取りに慣れていて、一人ひとりの性格もわかってるから、うまく意見を引き出してくれた。


グループ名、グループの目的、グループの活動内容、グループへの加入の仕方、グループ内の決め事、メンバーの権利、お金のこと、リーダーの選出など、5時間休憩なし(昼飯抜き~)で、みんなと向き合って話し合いしてきた。


普段の製作現場じゃなかなか聞けへん、一人ひとりの意見や想いを聞くことができ、メンバー内で曖昧やった部分、一致してなかった部分を出し合い、合意することができた。


時間はかかるし、辛抱いるけど、話し合いの場を作ってメンバー内でコミュニケーションをとることの大切さを実感した。


グループ名は、MAMA UBUNIFU。
スワヒリ語で、「クリエイティブなママたち」っていう意味。

現在のメンバーは、7人。

大きな目的は、グループのビジネス活動を通して、メンバーの若年シングルマザー達が収入を得、生活改善・子供の教育の資金にすること。

その目的を果たすための必要事項はこんな感じ。
・商品生産を行うこと
・市場を探求し、ビジネスを継続させること
・メンバーのスキルアップ、生活改善のために、学び続けること
・不幸があったときなど、メンバー内で助け合うこと


それから、メンバーの決まりごとも。
・シングルマザーであること
・愛を持って、ほかのメンバーに接すること
・お互いの意見を尊重すること
・活動意欲、向上心があること
などなど、たっくさん。

その後、投票と話し合いで、リーダー、書記、会計を正式に決定。


まだグループの活動も駆け出しで、決して安定してるとは言えへん。
でも、グループ創立1周年、ようやくキチンと「グループ」として始められるような。


今はまだ、製作活動は時間給にして600シリング(約30円)にしかならんけど、将来のために今、踏ん張って、頑張っていこう、と全員一致してくれた。
一日6時間、週2回のペースで活動してるから、毎回製作活動に参加しても、一人30,000シリング弱(約1,500円程度)にしかならへん。
(外食1食で、平均1,500~3,500シリングくらい)
でも、ママ達の話を聞くと、以前働いてたお店では、毎日朝8時から夕方6時まで働いて、25,000シリングの給料やったというから、週2回で30,000シリングっていうのは、少しは家計の助けになるんちゃうかなと思う。


私自身も、メンバーとの距離がさらに縮まったようで、嬉しかった。
今から、グループの決め事をスワヒリ語で書類作成!
久しぶりに辞書開くな。


これからも、話し合いの場を作って、メンバー同士も私も理解し合えればいいなー、と思った日でございました。
長々と読んでいただいて、ありがとうございました。

まだまだ未熟すぎやけど、伸び白に期待して、いろんなことに挑戦していきたいと思います。
PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
No Title
NGOのフィールドワーカーさんはタンザニアの方なの?

こんな話し合いができるなんてすごいなぁ。

二年なんてあっとゆうまですよね。
ほんと。
二年でなにができるのかって思うけど。
ヨウコさんすごいです。

愛を持って接する。
私もがんばろー。
  • おざとも さん |
  • 2013/01/21 (23:23) |
  • Edit |
  • 返信
Re:No Title
フィールドワーカーはタンザニアの方です。
彼女自身もシングルマザー。
沢山のグループ(20グループ以上)を担当してる方やから、グループ内のトラブルやグループの強化も慣れていらっしゃるなー、と学ぶことが多かったです。
私が一人でグループをまとめようとしても、言葉の壁や、グループの仕組みに慣れてないことで、なかなかうまくいかんと思ったので。
あと5ヶ月、できることをできるだけやってきます^^
頑張りましょー!
いつもコメントありがとうございます。
  • from 蓉子 |
  • 2013/01/22 (01:11)
Profile
HN:
蓉子
性別:
女性
職業:
2013年6月まで青年海外協力隊(村落開発普及員)として活動。
趣味:
作る食べる走る喋る
自己紹介:
食べるの喋るの大好きな蓉子のアフリカ日記。
2011年6月から二年間、タンザニアのムベヤで活動中!!

2013年6月、無事日本へ帰国。
これからもパワフルな日々を送る予定。
だいぶ肥えたので、しばらくタイトルを"Yokomoko in Africa"から"Yokomoko on Diet"に変更。
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[07/07 おざとも]
[06/28 あずさ]
[05/26 みわ]
[05/17 おざとも]
[05/14 みわ]
忍者アナライズ
Copyright ©  -- Yokomoco in Africa  --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]